英才教育ということでのインターネットでの世界の若者の成功や発明などのことを、実例から書いてみました。

英才教育の問題点について
英才教育の問題点について
英才教育の問題点について

英才教育とインターネット

PAGETITLE
英才教育というと何か特別な教育ということで、エリート教育をイメージしてしまい、そこまでしなくても良いだろうと思ってしまうように感じます。しかし今の世の中を見てみるとインターネットの利用で、世界的な情報が入ってきます。それもリアルタイムですが、そのインターネットの情報を教育という面で見てみると、学生などの非常に若い世代が、インターネットを利用して大成功したり、大発見をしたり、大金持ちになったりしている姿が普通に見られる世の中になりました。面白いところでは、学生が自分ひとりで潜水艦を作り、それが動いているという映像や、簡単なスマホのゲームが話題になり、大金持ちになったという話もありました。

それらの人たちは若者たちです。それはそのような人たちが生まれる土壌があるからこそ生まれるということで、人間的な資質ということでは、それらの若者も日本人となんらかわりはないのではないかと思います。それはその資質を引き出した環境があったからではないかと思いますが、日本の場合には大人になってからという考え方もあります。しかしそうではなく、英才教育という考え方を取り入れると、多くの人材が早く世に出られるようになるのではないかとも思います。

教育や教育、ここのホームページがおすすめですよ。。