歴史的な面から見た英才教育の必要性ということで幾つかの実例から教育の大切さを個性という意味で書いています。

英才教育の問題点について
英才教育の問題点について
英才教育の問題点について

英才教育の必要性と歴史

PAGETITLE
教育というと今話題になる教育現場の色々な問題がありますが、それと同時に個人の資質に合わせた教育ということも考えなければならない時に来ているように思います。それぞれの適性を活かすことができない均一的な教育ということでの教育の問題ということですが、例えば英語の勉強をしても6年間学びながらも会話ができないというおかしな状態になっています。そのようなことは他の分野でも起こっていて、テストが出来るということだけがすべてを決めているということも大きな問題だろうと思います。もともと教育とは個性を伸ばして、その個性で所属する集団のためになるようにするということも重要な目的でした。例えばお金はないけれども才能がある子供は、その地域での有力者が大学まで行かせるということもありました。

そのように才能がある子供を英才教育などで、国家的に援助して育てるということを日本はもっと力を入れても良いのではないかと思います。それは今の状態ではなく将来に見返りを求める教育でもあります。歴史的にも国家の存亡を見ると、結局は人を得たかどうかに尽きます。人材が私利私欲に走る事で滅んだ国もありますが、そのような人たちが表舞台に立つような仕組みが問題で、その仕組みを作ったのもその人達だったということを考えると、如何に教育が大切かということがよくわかります。

教育や教育、ここのホームページがおすすめですよ。。