個人という面と国家という面からの歴史的な英才教育の必要性ということで、いくつかの例から書いています。

英才教育の問題点について
英才教育の問題点について
英才教育の問題点について

英才教育の必要性と現実

PAGETITLE
日本の教育という面からは、英才教育ということはあまり語られない内容ではないかと思います。学問的には議論もされているでしょうが、一般の教育では、国民全体が中流意識に支配されている状態では、あまり価値が見出されない考え方なのかもしれませんが、教育ということでは、全ての人たちが平等に教育を受けるということは当然の権利ということでもありますが、それを実践した結果今の教育現場の混乱や弱体化ということが生まれたのではないかとも思います。個人にはそれぞれ資質というものがあり、その個性は個人においても将来の重要な保証になりますが、もう一方では国の財産ではないかとも思います。その個性を英才教育で高めることができれば、それを社会が利用することができます。

例えは産業などでの新しい進歩への貢献や、政治的には有能な指導者の育成、芸術面では天才的な芸術家を生み出すとかで、人間社会は人間の集まりであるかぎり、その能力により、その集団の優劣が決まり、生き残れるかどうかも決まります。しかしそのような資質がある人にもない人にも同じような教育をしていたのでは、大切な能力も野に埋もれさせてしまうことになります。そのように教育とは個性を活かしてこそ効果が発揮されるということだと思います。

教育や教育、ここのホームページがおすすめですよ。。