今は死語のようになっている英才教育という言葉ですが、習い事をしている子供たちは、増えています。

英才教育の問題点について
英才教育の問題点について
英才教育の問題点について

英才教育は、今で言う習い事

PAGETITLE
英才教育今では、懐かしい響きに聞こえるようになったと思います。最近では、とんと耳にしなくなっているように思います。英才教育という言葉が流行語とまではいかなくても、流行っていたころは、習い事の習慣が当たり前のように浸透していなかったからではないかと思います。そのため、ちょっとした習い事であっても、とても特別な教育をしているようなイメージで英才教育と名づけていたのではないでしょうか。当時流行っていた習い事といえば、思い浮かぶのは、ピアノやエレクトーンなど楽器が多かったように思います。

そして、余裕のある暮らしの人たちのお子様たちが習っていたようなイメージがあります。そして、最近では、英才教育という言い方は死語になっているようです。習い事という言葉になっているようです。猫も杓子もというくらい、めいめいで多種多様の習い事をしているようです。特に流行っているものというものはないようですが、その時々に流行物が浮上してきているように思います。たとえば、テニスで日本が優勢になれば、テニスが流行り、フィギュアスケートが始まればスケートが流行りと、子を持つ親もアンテナを張りめぐらさなければならないので、大変だと思います。そして、子供に期待する親も増え、教育資金も大変ではないかと思います。

教育や教育、ここのホームページがおすすめですよ。。