赤ちゃんの脳は、色んな可能性の有るスーパーマシーンです。早い段階からの英才教育ほど効果が大きいです。

英才教育の問題点について
英才教育の問題点について
英才教育の問題点について

早い段階からの英才教育について。

PAGETITLE
人間には学習能力という物が有ります。言語、計算、知識、色んな事を覚える事が出来ます。しかし、これは時期が大きく影響します。大人になってからでは、新しい事を覚えるのは中々難しいですよね。勿論、大人だからこそ分かる分野も存在しますが、基本的には色んな知識は、子供の頃に学ぶのが普通です。英才教育は、早い段階で行うべきです。大人である私が日頃よく思う事が有ります。英語は、なぜこんなに難しいんだろう?単なる言語の1つなのに、どうして分からないのだろう?と嫌になる事が有ります。日本人は英語が苦手だと言われています。またLとRを聞き分ける能力も、外国人と比べれば落ちます。日本人には、分からないと言っても良いでしょう。しかし例外も有ります。日本人でもLとRが聞き分けられる時期が存在します。人が生まれた後、言葉を覚える時期ならばその能力が劣化する事無く、英語が分かるように成ります。つまり赤ちゃんに日本語と英語の両方を聞かせ覚えさせたら、自然と英語も話せるように成るという事です。

大人になってから猛勉強して覚えた英語と、幼い頃から扱った英語では全然違うのです。もはや言語能力は、話す、書くだけでは出来たとは言えません。そこには感情が存在します。英語が苦手な日本人の場合は、耳で英語を聞き取って日本語で考えて再度英語で応答するというプロセスを辿ります。しかし、英語を話す外国人は違います。英語で考え英語で応答します。つまり、いちいち変換したりはしないという事です。これを可能にしたい場合は、幼い段階から英語を扱う必要が有ります。LとRの聞き分けが可能な時期だとベストです。赤ちゃんには、無限の可能性が有ります。赤ちゃんだからこそ成せる技なのです。ですから英才教育は、早ければ早いほど効果的です。つまりは子供の成功は、親次第という事なのかもしれません。親がその子に合った才能や分野を見極めて、早い段階から教育する。これに尽きると言えます。

教育や教育、ここのホームページがおすすめですよ。。