幼児期から親や学校が子供の素質に気づいて、その子を夢中にさせる配慮こそ英才教育の源だと思うのです。

英才教育の問題点について
英才教育の問題点について
英才教育の問題点について

子供の素質に気づいて夢中にさせる周囲の配慮こそ英才教育の源

PAGETITLE
ゆとり教育が推奨された2000年代から10年間弱の時代には勉強や運動等のできる子とできない子がお互いに意識しないよう、余計な競争心を持たずに同レベルで一緒に進むことが推奨されましたが、結果的にはこの間の教育で得たものより失ったものが多すぎたと判断されたわけです。この間の国際的な比較データを見れば日本の子供たちが大きく後れを取ってしまったと言わざるを得なかったというのがその根拠となっています。従って、その後は次第に伸びる可能性のある子の能力をできるだけ伸ばして他の子に刺激を与える方に重点を置いて勉強や運動等を教えるようになったようです。

しかしながら、このような学校教育における教育方針のブレとは別に、以前から家庭では親が様々な分野で子供に特訓を施した結果、大きく開花して、学術分野に限らず、スポーツや芸術分野で他を寄せ付けない能力を発揮する子供が現れているのです。どんな子供にも隠れた素質があるはずだと思って、幼児期から周囲が子供の素質に気づいてその子を夢中にさせる配慮こそ、英才教育の源だと思うのです。もちろん、子供によって大きく開花する場合とそれほどでもない場合があることはやむを得ませんが、子供が自分で人生を進む道を意識するうえで大事な視点だと思います。今後一層、グローバル競争の激しくなる時代には一人でも多くの子供が自分の進むべき道を見つけて進んでいくことが我が国の国力アップにつながるはずです。

教育や教育、ここのホームページがおすすめですよ。。