世界や日本の今の社会での教育ということでの英才教育の価値の大きさということを書いてみました。

英才教育の問題点について
英才教育の問題点について
英才教育の問題点について

英才教育と現実の教育の現状

PAGETITLE
英才教育ということは、個人としては本人が将来社会的に成功するという幸せを親が歩ませることができるという目的が主だろうと思いますし、それは当然の成り行きでもあります。その子供が他の子ども以上の能力が得られるということですから、その能力の成果の分、才能も生かされて、高学歴になり、良い就職口が見つかり、収入も安定して、家族にもめぐまれて、幸せな一生が送れると考えますし、そうなれば親もその恩恵を受けて、経済的にも社会的にも恵まれてくるということになります。しかしいくら資質があっても教育を受けられなければ、今の社会では収入も少なく、同じレベルの人と結婚しますから、そのままそのレベルで生きていくというのが現実です。

そうなると貧富の差の波の中に呑み込まれるということで、教育を受けた人との差が経済的にも大きくなるという仕組みになっています。特に先進国では貧富の差が激しくなっていて、それは勝ち組である大金持ちの資産家でさえ危惧しているというニュースもありました。そのように教育というのは、将来の幸福に直結するということで、良し悪しはともかく現実なので、教育が大切だということになります。そして英才教育も価値が大きくなってきます。

教育や教育、ここのホームページがおすすめですよ。。